2016年8月6日土曜日

新米食べました

夏は毎週末どっかで祭りをやっていて楽しいですね。
ボクも今シーズンは、数えてみると・・・
あ、四カ所も行ってる。ww
いろんな屋台がでているので、子どもをダシに覗き込んでます。
しかし、近頃の屋台も高くって、1件の相場が500円。
子どもと行くと直ぐに二,三千円消えていきます。
ま、そんななか地元の商店や商工会の店を探して遊んでます。
(地元の商店や商工会の方が安い!)
(地元にお金が落ちる!)

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・


前回投稿の
「七夕コシヒカリ」食べてみましたんで感想です♪





佐賀県産「七夕コシヒカリ」
(減農薬・減化学肥料栽培)
 5㎏ 2,750円
10㎏ 5,300円







炊きあがり、やっぱツヤツヤ。














ふつうにオイシイ (´。`)

  ・
 
  ・

  ・

  ・

  ・

とりあえず・・・
いきなりコレ













酸っぱいけど、梅の酸味で新米が引き立つ・・・ (*_*)


(梅をかじった後なんでひっくり返してます)

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

コレもオイシイかも・・・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・














明太子、子、子、子、子、、、、、、

うまし♪

海苔ほしい。



新米ご飯で二杯頂きましたーーーーー!!

(*^▽^*)


と言いたいところですが、若くもないので

ご飯一膳で充分でございました。


(写っていませんがおかずもありますよ。←妻の名誉のために。)


_(._.)_

ごちそうさまでした、

農家の皆さん、運送屋の皆さん、

ありがとうございました。


「新米」(Wikipediaさんから)
日本では、仕事を始めて間もない人、まだ経験が足りない人を「新米」と呼ぶことがある。
しかし、経験が豊富な人を「古米」とは呼ばない。
もともとは、江戸時代の商店で新入りの店員が新しい前掛けを着けていたのを
「新前掛け(しんまえかけ)」と呼び、これが省略されて「新前(しんまえ)」になり、
さらに訛って「新米(しんまい)」に変化したとする説が有力であり、新しい米を意味する
新米とは直接の関係はないとされる。





最後まで読んでくれて
ありがとうございます


怪しくない、詐欺でもない
↓元気玉です↓
元気玉クリック、お願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ