2016年9月20日火曜日

大丈夫かぁ「ふるさと納税」

雨よ~~~止みたまえーーーー。
洗濯物がやばいことになってるぞい。
お天道様~~~!

- - - - - - - - - - - - - - -

やっぱりあるんだなこんなの。
流行り?の「ふるさと納税……景品偽装」
こういう偽装っていつの世にもあるんでしょうか?





しかし、悪質。
だって、米の取り扱い業者が”魚沼の農産物取扱所”って。
魚沼の業者っていうのがミソ。
同業のボクらでも騙されるわ。
食べて「あれっ?」て気付く人がどのくらいいるだろう……。
日本一と世間で言われている「新潟」、その新潟の中でも最高級と言われている「新潟、魚沼産のお米」。
「魚沼のお米」が食べたくて「ふるさと納税」を決めたかたもいるだろうに、、、当事者はホント裏切られた気分だろう。
業者はそれなりの代金をいただいているだろうに...。
しっかりしたモノ納めてほしいものです。



お米って実際食べてみないと(いや、食べてもわからない時もある)わからない。(米屋でも。)



仮に、、
いつか米屋を廃業(後継ぎいないとか、病気とか)したとき何処でお米を購入するのか想像したら、
自分はたぶん、信用できる米屋を探すと思う。

ネットで購入するほど価格重視ではないと思うし、相手の顔は写真で見えても聞きたいことができない。(面と向かって話が出来ない。)
スーパーはただ陳列してあるだけなので論外かな。
(不味くても誰が責任者かわからないし、責任もないだろうし....。)
その点、米屋なら一対一で会話ができる。(只し、米屋ならどこでもよいわけてはない。)
例えば、店構えは明るく、清潔。(コレ、入店の第一条件。)
そして重要なのは、「人」。
やっぱり最終的には、「人」なんだな。


ボク、買い物好きなんで、この人はどんな接客するのか結構チェックしています。ww
好きな買い物してお店を出るときは気持ちよく家に帰りたいからね。
連休にららぽーと行ったけど、服屋さんはいまいちだったなぁ・・・。



ちょっと話が脱線したけど、「ふるさと納税」も、「買い物」も、顔がみえる、見えないに関わらず「人間」対「人間」なんだから、お互いの信頼関係かなと。
ボクもコレ忘れないように精進します!
という話でした。

チャンチャン🎵



「ふるさと納税」(wikipediaより)

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、
日本個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体都道府県市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。



今日も読んでくださり
ありがとうございます。

お天道様が見たい人は
↓クリックをどーぞ↓


今週末も運動会あるだろうから
晴れますように!

2016年9月16日金曜日

9月は防災月間ということでコチラ

先日、子どもの作文が読売新聞に掲載されたんですがやっぱ嬉しいもんですね。
さっそく”巣立つ日”へのプレゼントボックスにしまいました。(←ちょっと親っぽいw)

- - - - - - - - - - - - - - -

もう9月ですよ、ホントに!(はやっ!.....年とった証拠ですね)
そう今月は防災月間。
米屋がPRするとなればもうコレでしょう!


「備蓄米加工」(何度も紹介していますが。)



(なぜか?写真が横になる?ワカラン....(´。`) )


特殊な米袋の中に精米したお米と一緒に脱酸素剤(エージレス)を入れて、真空状態にします。
すると、精米したての鮮度の状態を約半年保ちます。

この「備蓄米加工」、お好みのお米、どれでも出来ます。
(ただし5キロ袋のみ対応)

ちょうど今時期は「新米」に切り替わりつつありますので、いつも食べているお米が新米に切り替わったタイミングで一度試すのもよいと思います。
お米代金+150円(加工賃)で、”安心”を買うつもりでいかがでしょうか?
”万が一の備え、防災用”として、
150円はお安いと思いますよ。

そうそう、気に入った方で”贈答用”で送られた方もいます。
頂いた先では、直ぐに袋を開けるタイミングとは限りませんからね。
(重宝されているようです♪)

これからの季節だったら、”ゴルフの景品”なんてのもアリと思います。

これら頂いた先では、「直ぐに食べなくては・・・」が必要ありませんからね。

(一応、半年が目安ですが・・・それまでには食べるでしょ。)



今現在、定期購入されている方のパターンは・・・


精米5キロ+備蓄米5キロ

精米5キロ食べ終わり・・・精米5キロ注文

精米5キロ食べ終わり・・・精米5キロ注文

精米5キロ食べ終わり・・・精米5キロ注文

3ヶ月くらいしたら、備蓄米5キロ注文
と同時に、備蓄米5キロ食べ始める

備蓄米5キロ食べ終わり・・・精米5キロ注文・・・・・・・・


こんなサイクルです。(わかるかなぁ・・・)

要は、備蓄米は届いた日から3ヶ月後くらいに食べるってことです。

(※大事なのは、常に備蓄米を常備して、新しいのが来てから古い備蓄米を食べ始めるってことです。)



そういえば昔こんなの扱っていました。


「アルファ米」

コレ、お水かお湯を入れるだけでご飯が出来るヤツ。

(ボクも食べたけど、お湯の方がおいしい)

1袋で1~2人前。

3.11の震災前に扱っていました。(売れないんでやめたけど....)

震災後、けっこう問い合わせがありました。 (。・ω・。)

(モノを売るタイミングって難しいです。)


いまは、大型のスポーツ店(キャンプ用品売り場)や、イオン何かでも取り扱っています。
どこでも変えるモノは、そういたお店にお任せしています。
で、米屋(ウチ)でしか買えないモノ・・・
好きな玄米、精米具合(白米、無洗米)を選んで頂いて、「備蓄米加工」しています。


家族人数にも寄りますが、5キロあれば数日は何とかなると思いません?(←楽観的)


備えだけで終わることが一番良いんですが、一応念のためにいかがですか?





防災の日(wikipedia)

防災の日(ぼうさいのひ)は、日本の記念日である。「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととし、毎年9月1日を中心として「防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練等これにふさわしい行事」が実施される[1]。また、「防災の日」を含む1週間を防災週間として、様々な国民運動が行われる。




「備蓄米」
芸能人は「ビーチクマイ」とかいうのかな





”ぷっ”とか笑ったら押しちゃって