2014年10月31日金曜日

パークゴルフ



毎年ご注文頂いている
「町内パークゴルフ大会」の景品です。
細かい順位に対しての景品は分かりませんがこんな感じです。

7キロ・・・1
5キロ・・・5
3キロ・・・3
2キロ・・・12
中身は「栃木コシヒカリ」です。


こちらの町内会から注文を頂けるようになって今年で4年目。
商品を頂く皆さんはふだん、スーパーや縁故米の方が多いらしく
毎年ウチのお米がおいしいからって、楽しみにしてくださってます。


どこでもそうだと思いますが、
ウチではお客さんの予算、要望にできる限り協力します。

これからの忘年会シーズン、
ビンゴとかの景品でお悩みの幹事さん、
気軽に相談ください!!
待ってまーーーーーす。



あ、パークゴルフの説明忘れるところだった。
志木市は荒川河川敷にいくつかコースがありはやっている感じ。

wikipediaより

1983年、「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として、北海道十勝支庁幕別町で考案される。現在日本国内に1,283コース、国外10カ国に64コースがあり、愛好者数は124万人いるとされる(2011年現在、日本パークゴルフ協会算出)。発祥の地である北海道がもっともコースが多く、北海道を14振興局に分けたとしても他の県より多い。道外では、北陸地方では富山県関東地方千葉県に特にパークゴルフ場が多い。東北九州もそれなりにコースがあるが、その他の地方ではまだコースは少ない。
近年ではインターネット活用での交流も行われるようになり、2011年6月にはパークゴルフ専門SNSの『みんなのパークゴルフ』が設けられた。
冬期では、北海道では、芝生を育てたビニールハウスの中や雪上にパークゴルフ場が作られ、プレーを楽しんでいる事例が出ている。また2012年冬には、空知管内歌志内市に全面人工芝の室内のパークゴルフ場も開業した。
ルールは、ほぼゴルフと同じ。使われる道具は、専用のクラブ一本とボールとティー。ボールはゴルフボールよりも大きく、ゴムやシリコン製のティーは地面には刺さずに置いてセッティングできる形をしている。